▼雑貨の販売

▼各種教室の開催

▼古本の販売
2階にある古本屋

▼フリーペーパーの発行
「古町」を売る商店


▼向かいにあるTシャツ屋
店主率いる4人のクリエイト集団
■オリジナルTシャツ制作!!
■ブライダルギフト制作
■オンラインショップ!!
■ヒッコリーの店のこと!!

カテゴリ:本の教室( 18 )
『本の教室-2009年ベスト本-』&忘年会
12月は時間がすぎるのが早い!
気がつけばもう10日をすぎちゃってますね。

この師走の忙しいってのに!しかも週末の土曜日なんて無謀すぎる!
と一応自覚しつつ今年最後の『本の教室』のご案内です。

テーマは「みんなの今年最高の本」です。

みんなで今年読んだ「最高の本」を紹介し合いましょう。
今年発売された本でもそうでなくても、あなたが今年読んだ最高の本であれば、すごく昔の作品でも大丈夫!
いつもの「今読んでる本」の拡大版のような感じでざっくばらんにやりましょう。

○日時  12月19日(土曜日)

○時間  PM7:00集合(教室はPM7:30〜9:00)

○場所  ニュー・フィッシュ・オン(イトーヨーカドーの裏あたりです。一度ワタミチに集合してみんなで向かいましょう。) 

○料金  一回1時間半 1000円(初参加の方は500円)

○内容  みんなが選ぶ「今年最高の本」

○持ち物 あなたが選ぶ2009年最高におもしろかった本。
     
教室終了後、希望者のみで忘年会をやりましょう。
参加費は食材費+お酒代をみんなで割り勘です。
一人一品お持ちいただいたかたは食費代は結構です。
今回は場所代はなしです。

お一人でのご参加も大歓迎です。
どうぞお気軽にお申込みください。
---------------------------------------------------------------
お問い合わせ

USED BOOKS フィッシュ・オン 三原 まで
tel:025-225-0355
mail: mail@fishon-huruhon.co
[PR]
by watamichi3 | 2009-12-11 14:43 | 本の教室
第10回『本の教室-安心の本-』 無事?終了
12月5日土曜日の夜は『本の教室』でした。テーマは「安心」。

参加者は12名(うち初参加者3名)。
初参加者の方が増えてきてうれしいです。
もちろんいつも参加してくださるみなさんにも感謝。

今回の会場は「ニュー・フィッシュ・オン」。
どうしてもコタツがある場でやりたかったもので。

教室の流れは

まず最初は「安心」を英語でいうと「リラックス」?
ということで雑誌『relax』の紹介。
『relax』の背表紙の名言と、特集の内容をあわせていくクイズでウォーミングアップ。

f0082640_14334077.jpg


次に「安心」の詩、ということで
「生存する最大の自然詩人」ゲイリー・スナイダーの「子供たちへ」という詩を朗読&みんなで鑑賞。
みんなが詩を読んで感じたことなど、意見を出し合いました。

ちなみに12日に木揚場教会で催されるイベント「大安心(だいあんじん)」にてゲイリー・スナイダーと親交があるバンドヴァルナギータさんの演奏があります。

今回の教室のテーマである「安心」も「大安心」からインスピレーションをいただきました。
フィッシュ・オンも「大安心」に参加させていただく予定です。
お声をかけていただいたモロッコの谷さんい感謝。

閑話休題。教室のお話にもどります。

「安心の街」サンフランシスコの紹介。
ちょっと時間がおしてしまって駆け足になってしまいました。
もうちょっと要領よく、わかりやすくまとめて紹介できれば!と反省。

小休憩をはさんで後半は「みんなの安心する本」の紹介。

f0082640_14352577.jpg


毎度このコーナーが一番盛り上がります。
みんなの「安心する本」、ちゃんとまとめてホームページでご紹介したい。

教室終了後は希望者だけ残って飲み会。

鍋班、酒班、たこ班にわかれて買い出し。

すばらしく美味な「トマト鍋」と「たこやき」をみんなでいただきました。

f0082640_14374696.jpg


今回もロシア製の「聖水」にやられてしまい、家の主であるにもかかわらず途中でダウンしてしまいました。

とんでもない罰がまっているとも知らずに…

最後までキレイに後片づけしてくださったみなさまありがとうございました!
[PR]
by watamichi3 | 2009-12-11 14:36 | 本の教室
次回「本の教室」のご案内、テーマは「安心」、
もうすぐです。

今週の土曜です。

いつも急ですみません!

テーマは「安心」です。

○日時  12月5日(土曜日)

○時間  PM7:00集合(教室はPM7:30〜9:00)

○場所  ニュー・フィッシュ・オン(イトーヨーカドーの裏あたりです。一度ワタミチに集合してみんなで向かいましょう。) 

○料金  一回1時間半 1000円(初参加の方は500円)

○内容  あなたが「安心」する本はなんですか?安心する本や小説の紹介。
     今回はコタツを用意します。

○持ち物 あなたが「安心」する本。
     今読んでいる本、自己紹介のときに使います。

来る12月12日(土)中央区礎町、木揚場教会にて催されるイベント『大安心(だいあんじん)』へ、フィッシュ・オンも出店させていただくことになり、その先触れとして今回の教室を企画しました。イベントに興味のあるかたは是非フィッシュ・オンまでどうぞ。
*事前にお申し込みが必要です。ご連絡をお願い致します。

お一人でのご参加も大歓迎です。
どうぞお気軽にお申込みください。
---------------------------------------------------------------
お問い合わせ

USED BOOKS フィッシュ・オン 三原 まで
tel:025-225-0355
mail: mail@fishon-huruhon.com
[PR]
by watamichi3 | 2009-12-01 18:19 | 本の教室
『本の教室』チェーホフを読もう。無事終了しました。
さて11月21日は夜7時から『本の教室』でした。テーマはチェーホフ。

会場はワタミチの2階、参加者は13名(うち初参加者2名)。

チェーホフは『かもめ』や『三人姉妹』『ワーニャ伯父さん』などの戯曲の作者として有名ですが、今回の教室では「短篇小説家」としてのチェーホフに焦点をあててご紹介しました。
まずはお手軽で読みやすい短篇小説からチェーホフの魅力をつたえられたらと。

f0082640_16121920.jpg


f0082640_16124614.jpg


教室の流れはおおまかに以下のような感じ。

・チェーホフの作風の紹介

・チェーホフが生きた時代とロシア文学な人々

・チェーホフの生涯

・おすすめ短篇小説紹介


今回一番おもしろかったのは途中、当時のロシア文学の短篇小説と長篇小説の立場のちがいから話が広がって、みんなで「短篇派」と「長篇派」にわかれてその魅力を語ったことでしょうか。



おのずと参加者みなさん一人一人の小説の楽しみ方が伝わってきてすごく刺激をいただけました。

こういう時間をたくさんつくれるようにしたいものです。

今回の反省点は教室の写真を撮り忘れてしまったこと!
参加者の方が写真をとってくれてことなきを得ました、くわばらくわばら。

教室終了後はニュー・フィッシュ・オン予定地でたこやき&鍋パーティー。
ワタミチの住人さっこさんも加わっておおにぎわいでした。

f0082640_1614197.jpg


チェーホフの短篇のタイトルになっている「かき」入り鍋。
だれかが気づいてくれたのでうれしかったです。

チーズ、えびっこ、チロルチョコなどが入り乱れたたこやき120個を見事完食。

パーティーの後には謎の漫画「やんちゃガールみどり」がただ残るばかり。

追記:僕が撮り忘れて写真をとってくださった長瀬さん、素敵な写真をありがとうございました!
[PR]
by watamichi3 | 2009-11-28 16:14 | 本の教室
次回『本の教室』は21日、でチェーホフやります。
毎度『本の教室』の告知はどう書こうか悩みます。

最近ふとおもったのですが

「『本の教室』、参加したいけど、難しい話はできないしな~、苦手だしな~」という方がもしかしたらいらっしゃるのでは、と。

『本の教室』はむしろ「これから本を読みたいなー。読んでみたいなー。」という方を大歓迎かつ応援する内容になっております。
おひとり様でのご参加だってさみしい思いはさせません。
しかも今なら初参加者の方には参加費半額!キャンペーン中です、もうノリで。

営業っぽい書きだしでスミマセン、本題はりましょう。

次回『本の教室』のテーマは「チェーホフ」です。

前回の教室でとりあげた村上春樹の『1Q84』の中でもちょこちょこチェーホフの話でてきいたので少しはとっつきやすいと思います。

もちろん『1Q84』読んでなくたって大丈夫です!

今回の教室ではロシアを代表する短篇小説家のアントン・チェーホフ(1860-1904)の紹介(資料あり)、とオススメ作品の紹介。

参加者のみなさんがチェーホフに興味をもっていただけるような、チェーホフを読みたくなるような教室にしたいと思います。(詳細は目下思案中)
なので前もってチェーホフの作品を読んでこなくてもオッケーです。もちろん読んできてもオッケーです。


今回も七時集合で、早めに終わらせて、行ける人はニュー・フィッシュ・オンでたこ焼き大会しましょう(参加費一人500円)。

○日時  11月21日(土曜日)

○時間  PM7:00〜8:30(1時間半)

○場所  古町3番町 ワタミチ内 2F 

○料金  一回1時間半 1000円(初参加の方は500円)

○内容  チェーホフを読もう

○持ち物 今読んでいる本、自己紹介のときに使います。 なくてもいいです。

*事前にお申し込みが必要です。ご連絡をお願い致します。

お一人でのご参加も大歓迎です。
どうぞお気軽にお申込みください。
---------------------------------------------------------------
お問い合わせ

USED BOOKS フィッシュ・オン 三原 まで
tel:025-225-0355
mail: mail@fishon-huruhon.com
[PR]
by watamichi3 | 2009-11-10 16:10 | 本の教室
第8回本の教室『1Q84』partⅡ、無事終了しました。
昨日は本の教室、テーマは「村上春樹の『1Q84』を読むpart2」。

あれよあれよと参加者が増えて総勢12名、狭い2階で押し合いへしあい。

今回も前回にひきつづきワークショップスタイルで。

みんなで車座になってやりました。

f0082640_167877.jpg


f0082640_1673623.jpg


f0082640_1675973.jpg


さらに頭を働かすためには身体を動かすことも大事でしょ、ってことで
床一面にクラフト紙を敷き詰め、自分が思ったことを徒然なるままに書いていただきました。

参加者のみなさまへ
みんなが書いたクラフト紙をご覧になりたい方はフィシュ・オンでいつでも閲覧できますのでお声掛けください。

最初は「トーキングフィッシュ」をもっている人がメインでしゃべっていくという決まりでやっていましたが、後半はもうトーキングフィッシュはどこかにふっとび、喧々諤々状態。

今回も色々な話がでてすごくおもしろかったです。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

教室を9時に終了後、希望者のみで東堀にある『LIFE』で懇親会。

懇親会は11時すぎに終了しました。
[PR]
by watamichi3 | 2009-11-10 16:08 | 本の教室
次回「本の教室」は31日!いつも急でスミマセン。
こんにちは、フィッシュ・オンの三原です。
前回の教室でとりあげた、村上春樹の『1Q84』。
ついこないだやっと全部読み終わりました。
久々に小説の世界にどっぷりハマることができました。
「やっぱり本を開くのは愉しい!」と思えるすばらしい物語でした。

さて次回の『本の教室』のご案内です。
毎度ワタミチのブログでの告知が遅れてしまい申し訳ないです。

今回も前回と同じ村上春樹『1Q84』をワークショップ形式でやります。
もちろん前回参加していない方でも楽しめます。

『1Q84』読んだことない、けど気になるって人の参加もありですよ。

○日時  10月31日(土曜日)

○時間  PM7:00〜9:00(2時間)

○場所  古町3番町 ワタミチ内 2F 

○料金  一回2時間 500円

○内容  村上春樹の『1Q84』について語ろう Part2

○持ち物 今読んでいる本、自己紹介のときに使います。

参加希望の方は31日の当日までに簡単な宿題をお願いします。
絶対やらなきゃいけない、わけではありませんが
あらかじめ自分なりに考えてきたほうが楽しめると思いますので。

とりあえず(1)だけでも考えてきていただけると助かります。
(2)~(4)は余裕があれば、でも(2)~(4)を考えると(1)の答えにつながるかもしれませんよ。

(1)あなたが思う『1Q84』の魅力
 なんでこんなに売れるてるの?
 あなたなりの切り口でひとつ!(ふたつでもみっつでも好きなだけ)
 おもわず読みたくなるような感じで。

(2)マイベスト『1Q84』のセリフ、しぐさ、科白、の描写

(3)好きな登場人物(人じゃなくてもいいよ)

(4)読んでいて?だったり、違和感を感じた文章

ではではよろしくおねがいしまーす。


*事前にお申し込みが必要です。ご連絡をお願い致します。

お一人でのご参加も大歓迎です。
どうぞお気軽にお申込みください。
---------------------------------------------------------------
お問い合わせ

USED BOOKS フィッシュ・オン 三原 まで
tel:025-225-0355
mail: mail@fishon-huruhon.com
[PR]
by watamichi3 | 2009-10-26 16:41 | 本の教室
「本の教室 村上春樹の『1Q84』を読む」終了、しましたがまたやります、たぶん。
本の教室「村上春樹の『1Q84』を読む」昨日無事終了しました。

今回は6名の参加者がきてくださいました。

今回の教室は「ワークショップ」スタイルということで
みんなで輪になって座りながらやりました。

f0082640_1622118.jpg


f0082640_163467.jpg


根っからの春樹好きから、「1Q84」で初めて村上春樹作品を読んだ人まで色々な立場の方がいらしてくださいました。

f0082640_16433100.jpg


f0082640_165476.jpg


とりあえず自己紹介の後、魚のぬいぐるみ(トーキングフィッシュ)をもっているひとのみがしゃべって、後の人は静かに聴く。というスタイルではじめたのですが、話が盛り上がってくるとそんなことはすっかり忘れてしまってました。

f0082640_1661659.jpg


(↑写真は「トーキングフィッシュ」と差し入れの「茹で落花生(くせになる味でした)」

とにかく色々な話がでました。
とてもここではまとめらんないくらいの。

結局そのまま教室の終了時間になってしまいました。

みなさんと話合った結果、今回一回だけでは「1Q84」は語り尽くせなかったのでまた同じテーマでやろうということに決めました。
1回2回で終わるのではなくある程度長い期間定期的にやっていこうと思います。

またてんでバラバラにしゃべるよりも、みんなで共有できるひとつの目的をもって、そこにむかって話を進めていくことにし、みんなでどんな目的で話し合っていくかを考えました。
(よく考えたら本当は一番最初にやらなきゃいけないことです)

話合いの結果

「いままで『1Q84』を読んだことのない人にその魅力を伝えるために。」
「読んだことのある人にはさらなる楽しみを。」(まだ仮ですが)

ということを目標に今後もワークショップをつづけていくことにしました。

今回の教室であるていど材料となる話題をだすことができたのでそれを叩き台にしていきたいと思います。

次回は31日にやりたいなと考えています。
正式に決まったらまた告知しますね。

また今回参加できなかった方も是非ご参加お待ちしてます。
今回参加しなかったから話についていけないとかそういうことはきっとありませんので。

あと「1Q84」だけじゃなく、いままでの「本の教室」も並行して開催しますのでよろしくおねがいします。
[PR]
by watamichi3 | 2009-10-18 16:06 | 本の教室
次回『本の教室』は村上春樹の『1Q84』やります
こんばんは、フィッシュ・オンの三原です。

次回の『本の教室』のご案内です。

○日時  10月10日(土曜日)

○時間  PM7:30〜9:00(1時間30分)

○場所  古町3番町 ワタミチ内 2F(今回は2階ですよー) 

○料金  一回1時間30分 500円

○内容  村上春樹の『1Q84』を語ろう

○持ち物 今読んでいる本、自己紹介のときに使います。

今回のテーマは村上春樹の『1Q84』です。

いままでとはちょっとちがった、ワークショップ風にやりたいなーなどと考えてます。
なので会場は2階にしました。みんなで車座に座ってやります。

いままでの『本の教室』はテーマの本を読んでこなくても問題ありませんでしたが、今回はテーマの本をあらかじめ読んだうえでやります。
イメージ的には参加者みんなでつくっていく会(何ができるかは…)を目指します。
あ、でも敷居が高いというわけではありません。
なにをかくそう僕もまだちょっとしか『1Q84』読んでないです。
春樹好きな方も、そうでない方も
はじめて春樹作品を読んだ人もみんな大歓迎です。
いろいろな立場の人がいたほうがおもしろいですから。

『1Q84』はかなり長めの小説(1・2巻あり)なので複数回にわけて行いたいと考えてます。
「本の教室」初のシリーズ化ってことで。
一回目は1巻、もしくはその半分くらいについてが範囲になるかと思います。
とりあえず本を読みながら気になったページ・文章・表現なんかに印をつけてみてきてください。
みんなで読み合わせてみましょう。

今回は事前にこちらで作成する資料は最小限、もしくはナシにします。
それよりも教室のあとになにかを(話し合いの経過など)をカタチにして残したいなと考えてます。

*事前にお申し込みが必要です。ご連絡をお願い致します。

お一人でのご参加も大歓迎です。
どうぞお気軽にお申込みください。
--------------------------------------------------------------------

お問い合わせ

USED BOOKS フィッシュ・オン 三原 まで
tel:025-225-0355
mail: mail@fishon-huruhon.com
[PR]
by watamichi3 | 2009-09-30 17:36 | 本の教室
9/19(土) 「本の教室 食べもののおいしい本」開催しましたー
9/19(土)、約一か月ぶりの『本の教室』でした。
テーマは「食べもののおいしい本」。
教室の流れは

自己紹介
・今読んでいる本、最近あったおもしろいことなどをまじえて

食べもののおいしい詩
・井伏鱒二『逸題』

食べもののおいしい小説
・レイモンド・カーヴァー『ささやかだけれど、役に立つこと』

食べもののおいしいエッセイ・随筆
・高山なおみ『日々ごはん』
・吉田健一『酒肴酒』
・檀一雄『檀流クッキング』

落語の世界のおいしい食べ物、は時間がなくてとばす

食べもののおいしい詩
・長田弘『トルコ・コーヒー』の沸かし方
詩は朗読したのですがほとんど棒読みでになったのでもっと抑揚をつけてやればよかったと反省。
だけど参加者の方で実際にトルコ・コーヒーをつくってみた方がいて盛り上がりました。

参加者みなさんによる『食べもののおいしい本』の紹介。
今回もおもしろそうな本ばかり、読みたくなるようなトーク付きで。

・『ムーン・ライトシャドウ』吉本ばなな
・『八朔の雪』高田郁
・『Soup』
・『ことばの食卓』武田百合子
・『月と菓子パン』石田千
・『しあわせな食卓』増田れい子
・『眼球奇譚』綾辻行人
・『ドンキホーテの食卓』
・『食のクオリア』茂木健一郎
・『パリからのおいしい話』戸月真弓
・『散歩のとき何かをたべたくなって』池波正太郎
・『男の作法』池波正太郎
・『食卓の情景』池波正太郎
・『永井荷風ひとり暮らし』
・『ムーミン谷のひみつ 』冨原真弓
・『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』高山なおみ
・『くちぶえサンドイッチ』松浦弥太郎
などなど

f0082640_1535467.jpg


そのあとは、九時過ぎからワタミチにて希望者のみで親睦会。
参加者の方が妹尾河童さんの本にでてくる「ピェンロー」という鍋をつくってくださりました。

f0082640_1543509.jpg


やはり大勢が集まる場に鍋は欠かせないですね。
ありがとうございました!
そのほかにもみなさんおいしい一品料理とお酒をありがとうございました。
個人的には井伏鱒二の詩の中にでてくる「まるでヘソのような蛸のぶつ切り」「湯気が立つ枝豆」にテンションあがりました。
親睦会は終始いい感じで盛り上がって12時前くらいに解散しました。
参加者のみなさまおつかれさまでした。またやりましょう。
nyakkyさん素敵な写真ありがとうございました!
[PR]
by watamichi3 | 2009-09-30 15:46 | 本の教室



今月のワタミチ

※ワタミチは
2月末で閉店致します。

ワタミチの写真展
開催中

古本屋Fish on
全品半額セール中

お知らせ

美味しいおむすび

【水~日に販売】



最近のおすすめ
中山さんの手作りジャム


↓これからの予定↓

新潟市の上古町商店街に
50年以上前からある
元酒屋の空間を利用した
長期プロジェクトです。


これまでのワタミチ
開催したイベント
過去に開講した教室
[住所]〒951-8063
新潟市中央区
古町通3番町556
[電話]025-225-0355
営業時間 :12:00~
定休日:月曜(不定休)

★アクセス
★お問い合せ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧